2010年度 カリキュラム@デジタルハリウッド大学院 2010年度 カリキュラム@デジタルハリウッド大学院

戦略経営デザイン論18

日付
2010年12月07日 18:30~
場所
桑沢デザイン研究所
概要
ケーススタディー:INAX(1)調査・企画・社名開発
受講生の感想

記:城井 祐一郎

経営戦略デザイン論(18)
記:城井祐一郎

STRAMD...

それは、心の透き間に染みわたり人生観を変えてしまう一冊の本のようなもの。

今回は前回に引き続きCIのケーススタディ:INAX

愛知県常滑市でタイルを主事業として営んでいた一地方企業がCIプロジェクトを
推進することで世界企業へと変身していく過程を細かくご教授いただきました。

中西先生が「日本で最もCIプロジェクトを徹底的に行った会社」と言い切るだけに
範囲は多岐にわたります。
社名調査からはじまり、社名変更・企業理念の再構築・新事業開発まで戦略立案された中西先生の熱意と情熱。その想いを真正面から受け止め、やり尽くした創業者の息子で5代目社長の伊奈輝三氏の覚悟と決意に感服いたしました。
INAXプロジェクトは、様々なコンテンツが立体的に重なり、絡み合うことで時代のうねりとなり社会認識をも変えてしまいました。

今回は、この壮大なプロジェクトを私なりにまとめ体系化した構造図をブログレポートとさせていただきます。

中西先生著 「コーポレートアイデンティティ戦略」を読みながらご覧いただくと
言葉と言葉の隙間にあるドラマが読み取れると思います。

デジタルハリウッド大学院と連携5年目 2017年度第8期開講

《STRAMD》

ローディング中