2017年度 カリキュラム@デジタルハリウッド大学院 2017年度 カリキュラム@デジタルハリウッド大学院

知識経営論2

日付
2017年07月25日 19:00~
場所
デジタルハリウッド大学院大学
受講生の感想

記:北村 嘉崇

紺野先生の2回目の講義。

イノベーションを起こすためには?ということで、
デザイン思考の必要性を強く感じた時間であると同時に、
現在多様にあるフレームワークや考え方等、
使えるものは何でも使って、実現させたいと思った。

今回の話にあった目的工学について、イーロン・マスクの電気自動車事業を、
大目的、中目的、小目的と、分けて説明頂いたが、
多くの企業や事業は中目的止まりであることが多いように感じた。

イノベーションは何のために起こすのか?

イノベーションの目的な何か?

大目的を描いているのか?

テレビを見ていても、各種のセミナーに出ていても
イノベーションは必須だ!イノベーションを起こす!と、
漠然と話に出てくることは多いが、その目的に強く言及されていることは
あまり多くないようにも思う。

つまり、大目的は当たり前だけど見失いがちなまものなのだろう。

だからこそ、事業についてもそうだし、自己の成長についても、
大目的を明確且つ的確に意識し続けることが、
イノベーションの大前提なのではないかと思った。
 

デジタルハリウッド大学院と連携5年目 2017年度第8期開講

《STRAMD》

ローディング中