2011年度 カリキュラム@デジタルハリウッド大学院 2011年度 カリキュラム@デジタルハリウッド大学院

ユニバーサルデザイン

日付
2011年07月07日 18:30~
場所
桑沢デザイン研究所
概要
ユニバーサルデザインの基礎:あらゆる使い手を意識する事
受講生の感想

記:久保寺 敏美

第26回 記:Toshimi

「知っていること」と「知らないこと」の差。

紙一重の本当に小さな差が、人の一生を左右する。

この差を大切に生きている人は、アンテナをはり、まず気づく。
そして深く努力を重ね、自分のものにしていく。
また、'聞くは一時の恥~'と、中西先生のいう'先生徒'の姿勢を持ち、
若い人から先駆者にまで、ちょっとしたコツ、腑に落ちない部分を素直に聞く姿勢をもち、
さらには、正しい情報を止めず、知っていて知らないふりもせず、
'百聞は一見に如かず'と、まわりに正しくシンプルに伝え、気づかせる。

そのような人は強い。

本日のUD(ユニバーサルデザイン)の授業では、「知ること、気づくこと」の大切さの再認識!の
講義でした。

==理論部分講義==
UDとは、普通のことを見直す動き。
便利で快適な社会になったと思いきや、それは、「若くて健康で右利きの男性」がである。
ユニバーサルとは 、「個を目指す」という意味が含まれ、
UDとは、あらゆる使い手に快適で使いやすい環境や物を提供することを
目指す社会的な意識や態度である。

故ロナルド・メイス氏(ノースカロライナ州立大学センター・フォー・ユニバーサル・デザインの
所長兼建築家)らによって1990年代に普及し始める。ADA法を通過し、更に広まる。

UDの重要な原則は7つ
principle1 公平な使用への配慮
principle2 使用における柔軟性の確保
principle3 簡単で明快な使用法の追求
principle4 あらゆる感覚による情報への配慮
principle5 事故の防止と誤作動への受容
principle6 身体的負担の軽減
principle7 使いやすい使用空間(大きさ、広さ)と条件の確保

自分が使いやすいと 思っていても、他の人はどうか?小学生は?高齢者は?手を痛めている人には?
本当の本当に理解し、自分のものにできていますか?

==実験部分講義==
このような理論部分のお話がはじめあり、その後、いくつかの実験
・握力や視力が低下したことを想定し、目隠し
・軍手を片手に2枚つける
・親指と人差し指をテーピングまくなど
の状態で、薬のパッケージをあける・ボールペンをつかうなどの実験を
を通しながら、難しさを気づき、自分以外の人の気持ちに気づき、知っているだけでなく、
実際に試して自分のものにしていく感覚を理解し、製品や施設がどうあるべきかを学んだ。

さらに、デザイナーは、
人を「平均」ととらえるのではなく、「個性の違う、多様な人の集まり」と意識・理解することが
大切であり、期待通りを作るのがベストでなく、期待以上のものを出すこと、
とあるべき姿勢も確認した。

このような理想は、忙しく、時間に追われていると忘れてしまうものであるし、
そもそも、考えていない人も多いのかもしれない。

これは、デザインだけでなく、教育でも、何にでも言えることで、多数派を作りあげ平均を確保し、
少人数派を切り捨ててしまうことが多い気がする。「全員満足なんて無理」
「グローバルの時代、IT時代知っていて当たり前」という姿勢でなく、
「もしかしたらわかりにくいかも」「よりわかりやすく」を理解して、実践できる人に私はなりたい。

この講義を機会に、少しでもUDの実践に心がけ、感覚や気づける力を大切にし、行動し、
自分のものにしていきたい。

UDが当たり前になり、UDという言葉がなくなる日のために。

stramdを偶然知ったこと。

知っている人と知らない人の差。

知っているからこそできる思いやり。

本質から逃げず、隠れず、忍耐強く。

大切にしていきたい。

(参考資料)ユニバーサルデザインの教科書 日経BP

デジタルハリウッド大学院と連携5年目 2017年度第8期開講

《STRAMD》

ローディング中