2011年度 カリキュラム@デジタルハリウッド大学院 2011年度 カリキュラム@デジタルハリウッド大学院

戦略経営デザイン論17

日付
2012年01月10日 18:30~
場所
桑沢デザイン研究所
概要
ケーススタディー:INAX・伊奈輝三社長と理念経営/全体総括
受講生の感想

記:高森 紗津樹

第51回 記:高森紗津樹

今日で最後の講義。
内容はINAXの理念と第2次CIについてでした。

特に印象的だったのは伊奈輝三さんが理念「INAX5」を社員に向けて語った映像です。
1時間近く見せていただいたのですが、
原稿がほぼない状態でずっと語られていたのが驚きでした。

最近はスティーブ・ジョブズのプレゼン術が話題になっていますが、
ジョブズのプレゼンをアメリカ流とするなら、
伊奈社長のプレゼンは日本流の最高峰のプレゼンだと思います。

聞き手をぐっとプレゼンに引き込む巧みなアイスブレイクに始まり、
難しい話を誰でも分かるように説明する解説力、
そして時に黒板に書かれる美しい文字。。
聞いていてワクワクするプレゼンはそう多くないと思いますが、
繰り返し見たい、聞きたいと思える素晴らしいプレゼンでした。

伊奈社長のINAX5に対する想いなくしてはなし得ないプレゼンであり、
伊奈製陶からINAXへと大成長を遂げた一端を垣間みた気がしました。



今日の授業は盛りだくさんで、あっという間に終わりました。
そしてSTRAMD全体の講義も本日で最後ですが、この1年もあっという間でした。
もう終わりだとは信じられません。

一回目のブログに自分の思考回路をどれだけ開拓できるのか?
と、私自身のテーマとして書いていましたが、
想像を超えていたように思います。

それは、知見が広まったということでもあり、
ディスカッションを通して深堀りできたということでもあり、
社会人1年目の私にとっては社会勉強の場にもなりました。

素晴らしい講師陣とユニークなクラスメイトに恵まれ、
充実した1年を過ごすことができました。
時に激しく朝まで議論することもあり、
正に人対人の情熱のぶつかり合いが起こる場だとも思いました。
それ故に、STRAMDでは他では得難い友情を得ることができたのかもしれません。

この学びを忘れず、
今後の仕事に生かしていきたいです。

1年間、誠にありがとうございました!!



デジタルハリウッド大学院と連携5年目 2017年度第8期開講

《STRAMD》

ローディング中