2015年度 カリキュラム@デジタルハリウッド大学院 2015年度 カリキュラム@デジタルハリウッド大学院

セルフプレゼンテーション

日付
2015年04月08日 19:00~
場所
デジタルハリウッド大学院大学
受講生の感想

記:大友 元太


遂にSTRAMD第6期が開講した。
記念すべき第1回はセルフプレゼンテーション。講師は中西先生。


期待と不安を胸に第1回を迎えた。
人数は若干少数の13名、年齢や職業は様々な方が集まった。


まずは、中西先生がSTRAMDを始めたきっかけや先生自身のことを軽く紹介して頂いた。詳しい話は第2回の講義でして頂けるとのことでとても楽しみだ。


話の締めくくりとして、今後のビジネスで必要な人間力の話をして下さり、とても印象に残っている。


ビジネスでの人間力はいままで「体力」と「知力」があればやっていけたが、今後は「体力」、「知力」だけではなく「感力」も必要になる。この「感力」とは、主にデザインが主体的になる分野である。この「感力」を今後の講義で磨いていきたい。


その後は受講者によるセルフプレゼンテーション。


デザイナーの方を初め、公務員の方、営業の方、エンジニアの方、代表取締役の方、多種多様な業種の方と交流を深めることができるのもSTRAMDの魅力に感じた。


スライドで分かり易くプレゼンされる方、トークのみの方、また紙芝居を作ってきた方などとても個性的で今後の講義が一層期待できる。
私自身は資料など何も用意しておらず、皆さんのすばらしいプレゼンに圧倒されてばかりであった。


講義終了後は親睦会を行った。駆けつけて下さった講師の方、STRAMDのOBの方々ありがとうございました。
とても楽しく飲むことができました。これからよろしくお願いします。

また、STRAMD運営事務局の方々、第6期の方々、至らない点は多々あるかと思いますが、
日々精進してまいりますので、今後ともよろしくお願いします。

デジタルハリウッド大学院と連携5年目 2017年度第8期開講

《STRAMD》

ローディング中